式守伊之助の嫁&子供やセクハラ相手は?本名&経歴や年収を調査!

今回は、セクハラ行為で角界を辞職することと

なった立行司式守伊之助について注目していきます。

式守伊之助の本名や経歴について、

嫁や子供などの家族についてや、

今回セクハラ行為をした相手は誰?

年収はどれくらい?

などなど、気になる話題に迫っていきたいと思います。

式守伊之助の本名や経歴は?

まずは、本名などのプロフィールや経歴に

ついてみていきましょう。

40代式守伊之助

本名:野内 五雄(のうち いつお)

生年月日:1959年12月23日

年齢:58歳

出身地:大阪府岸和田市

所属:宮城野部屋

(出典:Wikipedia)

本名は、野内五雄さん。

野内さんは、小さいころから大相撲が好きで

中学卒業後は力士になりたかったそうです。

しかし、身長165㎝と小柄だったため、

夢は叶わなかったものの、当時の宮代野部屋

の親方からの勧めで、行司になることを決意。

行司の道一筋でここまできて、ようやく

最高位の立行司にまで昇りつめ、40代

式守伊之助を襲名されました。

相撲に詳しくない方は、式守伊之助って誰?

って思われてる方も多いかもしれません。

式守伊之助は、大相撲の立行司(たてぎょうじ)

の名前です。

44人いる行司には8階級あり、立行司は

最高位の階級で、行司の横綱に相当。

行司の中で、唯一短刀を差しているのは、

差し違えた(判定を誤った)時は切腹する

覚悟で臨むという名残なんです。

それだけ、責任重大な立場なわけです。

そんな方が、若い行司にチュッチュして

胸触るって行為が、どれだけシャレに

ならないことかが分かりますね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2151517995013101401

江戸相撲の行司として最後まで残った、

木村家、式守家の当主が代々、それぞれ

木村庄之助、式守伊之助を名乗ってきました。

木村庄之助は、2015年3月場所で37代目

の畠山三郎さんが停年で引退してからは

空位となっていました。

式守伊之助が2年以上1人で立行司を務める

のは前例のないことで、本来ならば

野内さんは38代木村庄之助を襲名していく

はずだったのに…

そんなお偉い方がWHY?

それでは、野内さんが立行司になるまでの

経歴について振り返ってみましょう。

  • 1975年3月(15歳) 式守吉之輔の名で初土俵
  • 1978年1月(18歳) 木村吉之輔に改名
  • 1991年1月(31歳) 十両格に昇進
  • 2005年9月(45歳) 幕内格に昇進
  • 2006年1月(46歳) 11代式守錦太夫を襲名
  • 2011年11月(51歳) 三役格に昇進
  • 2013年11月(53歳) 立行司に昇格し、40代式守伊之助を襲名する。

(出典:Wikipedia)

15歳から土俵に上がり、40年以上も行司

をされていたんですね。

特に53歳での立行司への昇格は、当時の

先輩格行司の辞退や死去などが重なった

とはいえ、異例の若さだったようです。

角界では高い評価を受けている一方で、

2015年9月場所から3場所連続で4度の

軍配差し違えも含め、

近年では、土俵からの転落や力士との接触

など頻発していた野村さんに対して問題視

する方も少なくなかったようです。

嫁や子供は?

出典:https://www.city.koshigaya.saitama.jp/

野内さんは、58歳という年齢を考えても、

結婚していれば、30~40代の子供さんが

いてもおかしくないですよね。

2017年のNHK番組「大相撲裏方スペシャル」

に出演された際に、妻・妙美さんの存在が

明かされています。

2015年9月場所からの連場所差し違えの際、

野内さんは「辞めていいか?」と妙美さんに

朝6時半に電話をかけたのだとか。

妙美さんは、ただならぬ夫の雰囲気を感じ取り、

行司しか知らない夫が死んでしまうのでは?

と不安になったそうです。

結果、当時の北の湖理事長から下された処分は

3日間の出場停止のみで、無事復帰されたの

でしたが…

野内さんは、長男が患っている喘息を配慮し

自然環境がよく、通勤の便も良い越谷に居を

構えているそうです。

本場所や巡業が始まる前は、必ず奥様と一緒に

越谷の久伊豆神社に、興業の無事と行司仕事が

うまくいくようにお参りに行くのだとか。

せっかく行司として無事1年を終えようと

していたのに…

セクハラ相手は誰?

出典:https://twitter.com/sumokyokai

野内さんが、数回キスをしたり、胸を触ったり

セクハラ行為を行った相手は10台の若手行司

と言われています。

実は、普段から酒癖が悪いとの評判があり、

過去にもセクハラまがいのことや、ちょっと

したトラブルは絶えなかったようですね。

今回のセクハラ相手は誰だったんでしょう?

気になって調べてみましたが、未成年という

情報もあり、名前は明らかにされていませんでした。

一方で、ご自身は、泥酔して行為に及んだ

ことは認めているものの、

男色ではない」とコメントされてました。

男色か否かの問題ではなく、未成年がショック

を受けるような行為をしたことが問題だ!

と、IKKOさんも怒りをあらわにされていましたね。

あまりにも続く角界の不祥事について、

今回の件も、何者かの陰謀ではないか?との

陰謀説も出てきています。

う~ん、それについて

信じるか信じないかは、あなた次第です!

んっ?何かが違うぞ

年収は?

出典:https://www.asahi.com/

最後に、気になる年収についてですが、

日本相撲協会寄付行為細則によると、

●序ノロ行司以下 月1.4万円より2万円未満
●序二段行司 月2万円より2.9万円未満
●三段目行司 月2.9万円より4.2万円未満
●幕下行司 月4.2万円よリ10万円未満
●十枚目行司 月 10万円よリ20万円未満
●幕内行司 月 20万円より36万円未満
●三役行司 月 36万円より40万円未満
●立行司 月 40万円より50万円まで

これによると、最高位の立行司でも

月40~50万円の月給制なので、意外に

高くないですね。

しかし、上記以外に行司は理事長から

「手当」と「衣装代」という名目で支給

されます。

立行司の衣装代は5万円だそうですが、

手当については理事長が別途決めるため

公開されていないようです。

最高位になると、相当な高額を貰っている

との情報もあります。

まとめ

今回は、40代式守伊之助の野内五雄さんに

ついて書いてきました。

これまで40年間以上も行司を務めてきて、

37代木村庄之助への昇格も目前だったのに、

なぜ、こんな大失態を犯してしまったので

しょうか。

陰謀説の真意はともかく、泥酔して我を

失ってしまったことに相違はなく、立場を

わきまえずに及んだ行為に同情の余地は

ありません。

しかし、罪のない家族の気持ちを考えると

気の毒ですし、何より、セクハラ相手の

若手行司の方の精神的ショックは計り知れず

十分なケアが必要であることを忘れてはなりません。

波乱含みのまま、2018年初場所が始まりますが

角界ファンのためにも、力士の方々には、

引き続き頑張っていただきたいと思います。

今回も最後までお読みくださって、

本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク