今野玲央(LEO)の父母や兄弟や年収は?コンサート&CDや筝の値段も!

今回は、イケメン箏曲家今野玲央(LEO)

さんに注目していきます。

今野さんのプロフィールや出身高校や

大学などの学歴や経歴について、

父母や兄弟など家族は?

コンサートやCDの評判についてなど、

今野さんの気になる話題にズームイン!

今野玲央さんのプロフィール

まずは、プロフィールからみていきましょう。

出典:https://leokonno.com/

今野 玲央(こんの れお)

アーティスト名:LEO(レオ)

出身地:横浜市

生年月日:1998年2月5日

年齢:20歳

職業:箏曲家(そうきょくか)

(出典:Wikipedia)

今野さん、嵐の松本潤さんばりのイケメン

やないですか。

箏曲家(そうきょくか)と言われても

ピンとこない方も多いのでは?

”箏(こと)”の奏者のことを言うのですが、

そもそも、一般には”琴”という文字を

使いますよね。

実は、箏と琴は全く違う楽器のことを指します。

箏は、下記のような構造で、柱を動かして

音の高さを変えるものです。

琴とは、柱がなく、弦を押さえる指の

ポジションによって音の高さを変える

楽器のことをいいます。

出典:https://latte.la/

元々、”こと”は弦楽器のことを総称して

呼んでいたもので、源氏物語の中でも、

「箏(ソウ)のコト」

「琴(キン)のコト」

「琵琶(ビワ)のコト」

という記述があるわけですが、

この中で「箏(ソウ)のコト」が最も

ポピュラーとなり、常用漢字である「琴」

が使われるようになったのだとか。

琵琶法師でお馴染みの琵琶も、元は”こと”

と呼ばれてたんですね。

出典:http://www.gfe.co.jp

いやいやぁ、随分前置きが長くなってしまいました。

今野さんは、すなわち”おこと”を演奏するお方なのです。

学歴についてですが、

小・中・高校と横浜インターナショナル

スクールに通われていました。

横浜インターナショナルスクールといえば、

この方も通われていましたよね。

出典:stat001.ameba.jp

三船美佳の経歴や両親は?離婚&不倫の真相や水着画像を調査!

ちなみに、インターナショナルスクールは

年間200万円以上の学費が通例なので、

一般ピープルのご家庭ではなかなか通えません。

今野さん、9歳の時に箏と出会い、

音楽教師で箏曲家のカーティス・パターソン氏

より指導を受けるようになります。

14歳で、全国小中学生箏曲コンクールの

グランプリ受賞。

15歳の時、箏の第一人者である沢井一恵

さんに師事。

出典:http://classical.eplus2.jp

16歳の時、日本を代表するコンクールの

1つである「くまもと全国邦楽コンクール」

にて史上最年少で最優秀・文部科学大臣賞受賞。

一躍脚光を浴びることとなります。

2017年3月、アーティスト名:LEOにて

日本コロムビアより1stアルバム「玲央1st」

でメジャーデビューを果たします。


同年4月、東京藝術大学音楽学部邦楽科に入学。

筝だけでなく日本伝統の邦楽や礼儀作法

について基礎から徹底的に叩き込まれ、

あまりの厳しさに挫折を味わっているのだとか。

そんな今野さんの奏でる筝曲がどんな

ものなのか、ちょっちゅご覧ください。

父母や兄弟について

今野さんの家族についてスポットを

あてていきます。

今野さんは、アメリカ人の父親と日本人

の母を持つハーフ。

残念ながら、3歳の時に両親は離婚され、

母親が引き取られたようですが、

詳細については公開情報がありませんでした。

兄弟についても有力な情報を得られませんでした。

まぁ、もしいらっしゃるとしたら、ご両親

含めて美男美女のファミリーでさ~ねぇ。

年収は?

Jpeg

さて、20歳にしてプロの筝曲家として

CDデビューも果たした今野さんの年収

ってどのくらいなのでしょう?

こちらも公開されていませんので、

推測の域を超えませんが、プロの邦楽奏者

といえども、年収1,000万円プレイヤーは

ほんの一握りと言われています。

しかし、海外のコンクールで入賞すると

1回あたりの演奏で50万円ほど得られる

ことも珍しくないようです。

そう考えると、現在は大学生として

ほぼ勉強一筋の生活をされていますので

年収300万円もいかないのではないでしょうか。

コンサートやCD発売情報や筝の値段は?

今野さんの1stアルバム以降のCD

発売やコンサート情報についてはまだ

公式サイトでは発表されていませんでした。

こちらの公式サイトで随時最新情報が

更新されていますので、是非ご参照ください。

LEO公式サイト

最後に、筝を始めたいと思っている方に

とって、気になるのが値段ですよね。

調べてみたところ、これがピンきりでして、

初心者レベルであれば予算10万円もあれば

一式揃いますが、プロの奏者が使うものは

数十万円~数百万円するものもあるようです。

例えば、こちらの商品でしたが、5万円以下

で買えるのでお手頃ですね。

まとめ

今回は、イケメン筝曲者のLEOこと

今野玲央さんについて書いてきましたが、

いかがでしたでしょうか。

しばらくはプロの箏曲家としてさらに腕を

磨かれることと思いますが、俳優としても

通用するイケメンだけに、今後のご活躍が

楽しみです。

今回も最後までお読みくださって、

本当にありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク