マイホームは買うべきか?借りるべきか?

一生で一番大きな買い物であるマイホーム。
昔から永遠のテーマとして言われていることがあります。

マイホームは買うべきなのか?
一生借り続けたほうがよいのか?

この答えに明確に理路整然と説得できる方は専門家でもなかなかいません。

だけど、長年、建築業界に携わってきて、
マイホームを購入される方を数え切れないほど目の当たりに見てきて思う、
私の結論はというと、

「住むならやっぱりマイホームがいいよね。」

一方で、せっかくマイホームを手にしたのに転勤で単身赴任となったり、
リストラ・会社倒産などでローンの支払が苦しくなったり、
厳しい現実を突きつけられるケースも少なくありません。

または、目の前に、想定していなかったマンションが建ったり、
騒音や隣に変な人が住んでいたりと、
住んでみないと分からないこともたくさんあります。

なので、一般的な結論を言ってしまえば、
価値観、収入、家族構成など人それぞれ違うので、
状況に応じて自分が判断するしかないわけです。

それでは身も蓋もないので、
1つの目安として次のような計算をして判断する方法をご紹介します。

マイホームを買う時の簡単な計算法

・自分が住めなくなった時に、人に貸して家賃がいくら入るか?

それを計算して、自分の資産としてマイホームを考えるのです。

例えば、周辺の同等レベルのマンションの賃貸相場を調べ、
おおよそ月10万円で貸せるとしたら、
年間家賃収入は、
10万円 X 12ヶ月 = 120万円です。

その部屋の物件価格が仮に2,000万円だとしたら、

利回り = 家賃収入 ÷ 物件価格

=120 ÷ 2000 =0.06(6%)

これは不動産投資の考え方にもなりますが、
マイホームを買う場合の目安にもできます。

いろいろな考え方がありますが、
利回りが6%であれば購入に踏み切ってもいい1つの基準値となります。

一方で、もう1つ重要な要素があります。

資産価値として、値下がりがしにくい物件であるかどうか?

古くても、立地条件や物件の構造がしっかりしていれば、
リフォームして高く貸し出すこともできますし、
手放すとしても高く売れます。

いくら副業で稼いでも、
マイホームで一度失敗するとふっとんでしまいますからね。

マイホームのよいところは、最初の購入時に失敗しなければ、
転勤の時に人に貸して家賃収入を得られることです。

一方、賃貸のよいところは、転勤になれば解約し、
また新天地で新しい賃貸を探せば良いというところですね。
つまり、ほぼリスクがないわけです。

マイホームを買うべきか、このまま賃貸に住み続けるか、
迷ったときは、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク