佐竹雅昭と角田の確執?バラいろダンディ出演、元K1ファイターの現在

K-1創世記からのファンとして、佐竹雅昭さんを抜きにしてK-1は語れません。
選手としても引退され、テレビでもあまり出られてませんでしたが、
バラいろダンディ」という番組に出演されていることを知りました。

角田信朗さん、ビートたけしさんとの確執など、いろいろあったようですが、
K-1時代の佐竹さんの活躍を知る私としては、久々に佐竹節をみることができて嬉しいです。

佐竹さんって、いったいどんな選手だったのか?現在はどんな活動をされているのか?
いっしょにみていきましょう。

佐竹雅昭さんのプロフィール

masaaki-satake

出典:http://heisei-bushido.jp/profile.html

生年月日:1965年8月17日
出 身 地 :大阪府吹田市
身      長:185cm
体  重:105kg
学  歴:大阪府立北千里高等学校、関西外語大学卒
書  籍:「まっすぐに蹴る」「武士道:士から師へ」

佐竹雅昭さんは、学生時代から文武両道の優秀な方で、
大学卒業後もテレビ局の内定が決まっていたそうです。

しかし、その内定を辞退してまで正道会館の門を叩き、
その後プロ格闘家の道を歩み始めます。

格闘技をメジャーなスポーツにしたイベント「K-1」の創世記を
日本人ヘビー級としてはただ1人で盛り上げていった立役者です。

それでは、佐竹さんがどんな選手だったのか?
その格闘技人生を振り返ってみましょう。

佐竹雅昭さんの戦歴と現在

佐竹さんといえば元K-1ファイターというイメージが強いかもしれませんが、
ジャンルでいえば、空手家出身です。

中学時代に極真空手創始者の大山倍達の著書に憧れ、空手を始めます。
極真会館は肌に合わず1ヶ月で退会し、正道会館に入門後はなんと2年で黒帯を取得

大学4回生(1987年)で全日本空手道選手権大会で初優勝し、その後3連覇しています。
私も武道をやっていたので分かりますが、これって、凄い記録ですよ。

正道会館では敵なし状態出会ったため、その後他流試合やキックボクシングなど
異種格闘技にも積極的に参戦し、1991年からは前田日明が旗揚げしたリングスに主戦場を移しプロ格闘家として本格的に始動します。

その後正道会館が立ち上げた「K-1」の旗揚げにも参画し、1994年にはK-1 GRAND PRIX’94には決勝まで進出し、惜しくもピーター・アーツに判定で破れますが準優勝となります。

その時の映像はコチラ。

ピーター・アーツも佐竹さんも若いですね。

ピーター・アーツって、過去3度もK-1GRAND PRIXを制している伝説のK-1ファイターです。当時若くて最も勢いがあった時代に対等に闘っていた佐竹さんって、やはり凄い格闘家ですよね。
K-1GRAND PRIX’95、’97、’98では日本代表として準々決勝で破れ’99の1回戦で武蔵と対戦しますが、ダウンを奪うも判定負けを喫します。
この結果を巡って、師匠でもありK-1主催者でもある石井館長と激しい口論となり、
ついにK-1だけでなく、正道会館からも離脱することとなりました。

2000年にはPRIDEに参戦、2002年にはプロレスデビューも果たしますが、目立った結果も残せず、同年開催されたINOKI BOM-BA-YE2002で、柔道元金メダリストの吉田秀彦に1本負けした試合を最後にプロ格闘家としては現役引退します。

2003年には「総合打撃道」を掲げる佐竹道場を京都に構え、2007年からは、京都の経営者を対象とした「平成武市道」とよばれる人間活学塾を立ち上げます。

2013年には自民党比例区での公認を受けて、参議院選挙にも出馬しますが、惜しくも落選
現在では、人材育成や企業社員育成など各地での講演、テレビ出演もされています。

ちなみに、平成武師道では、数年前から動画も配信されてました。

角田信朗との確執

今年になって、元正道会館で同門でもある角田信朗さんとの確執が噂されましたね。
正直、今更?って感じです。

きっかけは、角田さんのブログで、ダウンタウンの松本人志との確執を告白したことについて、佐竹さんがヤラセではないかと言及したことによります。
実は、99年に正道会館を離脱後、角田氏とは全然あっていないのだとか。

ちなみに、その時の報道はこちら!
また、角田氏のブログについては、こちらに詳しく書かれています。

確かに、今更ながら佐竹さんが角田さんのブログに反応するっていうのは、
内心よく思ってないところはあるのでしょうね。

格闘家としても全盛時代を迎えていた佐竹さんは、けっこうテレビにも露出してました。
その頃、まだ無名だった角田氏さんは「あいつは空手をやらずにテレビばっかり出ている」と
陰口を叩いていたそうです。

佐竹さんがビートたけしさんに嫌われて?テレビへ出なくなってからは、
逆に角田さんはおもいっきりテレビに出まくっていた印象があります。
もし、当時陰口を叩かれていたのが本当なら、当然佐竹さんもそれを面白いとは感じないはずですよね。

その角田さんも、結局ダウンタウン松ちゃんから芸能界を干されたような報道もされていますが、こちらの報道が一番真実を語っていると思われます。

角田信明のコメント

松ちゃんのコメント

最後に

佐竹さんのことをいろいろ調べていたら、最後はなぜか角田信朗氏とダウンタウン松ちゃんの話になってしまいました。

芸能界も、スポーツの世界も生き残るのは本当に厳しい世界であることを改めて痛感します。
元格闘家として、平成武師道の総長として、また久々にテレビ出演されている佐竹雅昭さんの今後のご活躍に期待します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク