東小雪と増原裕子さんの離婚理由は?経歴や父母&子供を調査!

元タカラジェンヌでLGBTの活動家

として知られる東小雪さんと会社経営

者の増田裕子さんが離婚されるとの

報道がありました。

お二人の経歴や出会い(馴れ初め)に

ついてや父母などの家族について

子供はいらっしゃるのでしょうか?

また、このたび離婚された理由について

など、気になる話題に迫っていきたいと

思います。

東小雪さんのプロフィール

出典:http://wol.nikkeibp.co.jp

まずは、東さんのプロフィールからです。

東 小雪(ひがし こゆき)

生年月日:1985年2月1日

年齢:32歳

出身地:石川県金沢市

学歴:北陸学院中学校・高等学校→宝塚音楽学校

(出典:Wikipedia)

東さんは、2005年に第91期生として宝塚

歌劇団に入団し、あうら真輝という男役

で花組デビューを飾ります。

しかし、花組に配属されて一作目の公演

開始後2週間で病気降板し、復帰できない

まま2006年に退団。

2010年秋  本名の東小雪でLGBT支援活動を開始。
レズビアンであることをカミングアウト。

2011年3月 「ピアフレンズ for girls※」の立ち上げに参加。
※10代の女の子が好きな女の子のための友達作りイベント

2011年12月 「レインボー金沢※」を立ち上げ2013年4月まで代表を務める。
※金沢市とその近郊に暮らす、セクシャル・マイノのための団体

(出典:Wikipedia)

現在は、テレビ、ラジオ出演、公演、

執筆などマルチに活躍されており、

増原さんが経営する会社のスタッフと

してLGBTの支援活動も積極的にされています。

増原裕子さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/ataeru_onna

続いて、増原さんのプロフィールです。

増原 裕子(ますはら ひろこ)

生年月日:1977年12月27日

年齢:40歳

出身地:神奈川県横浜市

学歴:慶應大学文学部→慶應義塾大学大学院卒

株式会社トロワ・クルール代表取締役

増原さんは、ジュネーブ公館、会計事務所

IT会社の勤務を経て独立起業します。

現在は、株式会社トロワ・クルール

代表取締役としてダイバーシティ経営

におけるLGBT支援活動を手がける傍ら、

経営者、管理職、人事担当者、営業職、

労働組合員等を対象とするLGBT研修

を多数行っています。

父母や子供は?

出典:https://www.instagram.com/

東さんの両親は、ナレーション事務所を

経営し、父親は地元金沢の演劇活動の中心

人物として活躍されていました。

周りからの信頼も厚く、度々地元紙にも

取り上げられるほどの人格者。

しかし、東さんは3歳の時から中学2年に

なるまで、父親から性的虐待を受けていた

のだといいます。

さらに驚くべきことには、側にいたはずの

母親は全く助けてくれることはなかったのだと。

小雪さんは、やがて不登校になり、拒食症、

視野狭窄や難聴を患うように…

20代半ばからPTSDの症状で苦しみ続け、

精神科に入退院、自殺未遂を繰り返す

ようになります。

憧れの宝塚歌劇団に入団してすぐに

退団されたのも、性的虐待の後遺症

によるものだったのですね。

後に、岩本令子さんというセラピスト

に出会い、催眠療法を受けることで

社会復帰しました。

2014年には、性的虐待を受けてきた

辛い過去を赤裸々に告白した本も出版。

馴れ初め&離婚理由や子供は?

2013年3月、東さんと増原さんは、東京

ディズニーシーで同性結婚式を挙げて

話題になりました。

お2人の馴れ初めは、2011年春のLGBT

シンポジウムがきっかけなんだとか。

トークイベントのゲストとして東さんが

招かれ、増原さんはスタッフとして参加。

2人の交際がスタートし、同居するように

なります。

日本のディズニーリゾートで同性挙式を

した最初のカップルとなり、

また、2015年11月5日、パートナーシップ

証明書の第一号を受理されます。

しかし、2017年12月25日にパートナー解消

に伴い証明書を返還。

事実上の離婚ということになりました。

離婚理由については名言されていませんが、

お互いの価値観の違いに伴うすれ違いが

原因と見られています。

東さんの公式ブログに離婚の経緯が詳細

に書かれていますのでご参照ください。

大切なご報告

尚、お二人には結局子供はできなかった

ようです。

といっても、女性同士なので普通には

子供ができないのですが、こんな本も

出版されています。

一時は真剣に2人の子供を授かりたい

と考えていたようですね。

う~ん、この本はとても考えさせられますねぇ。

子供がほしいという母性の本能を否定

することはできませんが、実際子供の

立場で考えると、お父さんがいなくて

お母さんが2人?

でも、LGBTの方が子供を授かりたいと

いう気持ちもわかるし、子供がどう思う

かを考えたら答えが出ない問題ですよね。

これは、男女間であっても子供ができない

場合に精子バンクや体外受精という手段

を使って子供を作った場合、そのことを

認知した子供がどう思うのか?

本質的には変わらない気がするのですが、

筆者の中でも答えは出ません。

まとめ

今回は、離婚を発表された東小雪さんと

増原裕子さんについて書いてきました。

価値観のズレによる離婚というのは、

何も男女間だけでなく、同性婚だから

特別なことではありません。

お2人はこれからも親友として、大切

に思い尊重し合える関係として、

引き続きLGBT支援活動について力を

合わせて歩んでいくとおっしゃっています。

東さんと増原さんにとって幸せな人生を

歩んでいただければと思います。

今回も最後までお読みくださって

本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク