梅津晃大投手のフォームや球種&球速は?身長や中学&高校も!

今回は、2018年ドラフト上位候補東洋大

梅津晃大投手に注目していきます。

梅津投手の身長などのプロフィールや

出身中学・高校について、

また、投球フォームや球種、球速など

梅津投手の魅力に迫っていきたいと思います。

梅津晃大投手のプロフィール

出典:http://sports-brothers.com/

まずは、プロフィールからみていきましょう。

梅津 晃大(うめつ こうだい)

ポジション:投手

出身地:福島県福島市

生年月日:1996年10月24日

年齢:21歳

身長/体重:187cm/92kg

投打:右投右打

(出典:https://live-sports.yahoo.co.jp/)

梅津投手の学歴についてですが、

練馬区立南大泉小学校

→ 秀光中等教育学校

→ 仙台育英高等学校

→ 東洋大学

と進学されています。

秀光中学は、仙台育英高校の付属中学。

甲子園の常連校である仙台育英高校で

野球をするため、地元を離れて通学されて

いたのだそうです。

仙台育英では高校2年春から背番号11で

ベンチ入りを果たします。

高校2年秋にエースナンバーを獲得。

高校3年春の県大会で好投も見せますが、

左手首に死球を受けて骨折するという

不運に見舞われ、東北大会ではベンチから外れます。

奇跡的に復帰して夏の県大会にエースとして出場。

好投しますが、東北学院に惜しくも延長12回

1点差の3対4で敗れ、ついに甲子園のマウンド

を踏むことはありませんでした。

楽天など複数球団スカウトからも注目され

ましたが、プロ志望届を提出せず東洋大進学。

東洋大進学後は1年春からベンチ入りし、

いずれもリリーフで2部リーグ戦2試合に起用され、

計4回で4四死球、防御率4.50の実績を残します。

元々身長も高く体格に恵まれていた梅津選手

ですが、さらなる肉体改造に成功し体重を

90kg代にUP。

3年8月の法大戦で最速153キロを計測し、

3年秋のリーグ戦4試合に先発救援で登板し、

全戦で150キロ以上をマーク。

国内外のプロスカウトを唸らせる大型

右腕に成長を遂げました。

投球フォームや球種&球速について

続いて梅津選手の投球フォームや球威球速

などに迫っていきたいと思います。

フォームについては、ノーワインドアップから

溜めを作って重心を下げ、インステップ気味に

右ヒジを使い腕を振り下ろす感じ。

何言ってるかさっぱり分かりませんよね。

百聞は一見に如かずということで、

こたらの動画をご覧ください。

球速は、最速153キロ。

球種については、

常時145キロ前後から150キロ前後の威力のあるストレート

120キロ台から130キロ前後のスライダーとカーブ

140前後のフォークボール

高身長ながらバネのある柔軟性に身体

能力も高く、まだまだ球威は伸びるのでは?

将来は大谷選手並の大物投手になると

の呼び声も高いですね。

まとめ

今回は、2018年秋ドラフト候補の目玉

東洋大の梅津投手について書いてきました。

ご自身も理想は高く、160キロを投げたい

とおっじっていますし、十分やってくれそう

な楽しみな選手だと思います。

今後のますますのご活躍に期待したいですね。

今回も最後までお読みくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク