萱和磨の読み方と彼女は?中学・高校で鍛えた筋肉にも注目!

こんにちは!takahiroです。

今回は、リオ五輪で活躍された白井健三選手

と同期の萱和磨選手に注目してみたいと思います!

萱和磨選手は、リオ五輪には出場できません

でしたが、得意の鞍馬に磨きをかけており、

東京五輪でも最も活躍が期待されている体操

選手の1人です。

それでは、早速みていきましょう!

萱和磨選手のプロフィールについて!

まずは、プロフィールからみていきましょう!

kazuma-kaya1

出典:https://twitter.com/1Gymnastics/media?lang=ja

名前:萱 和磨(かや かずま)

生年月日:1996年11月19日生まれ

出身地:千葉県船橋市

身長:162cm

体重:52kg

まず、名前が読めない人が多いのでは

ないかと思いました。

私は読めませんでした(笑)

調べたところ、出身中学は千葉の幕張西中学校

高校は同じく千葉の習志野高校です。

習志野高校といえば、元プロ野球選手の掛布雅之

さんはじめ、現役Jリーガーの玉田圭司選手ほか

多数のプロスポーツ選手を輩出している名門校ですね。

keiji-tamata

玉田圭司さん(出典:http://www.asahi.com)

masayuki-kakehu

掛布雅之さん(出典:東京スポーツ)

当然ながら、萱さんは体操部に所属してました。

当時、全国高校体操選抜では個人総合優勝

全日本ジュニア選手権でも白井選手と同点優勝

するなど、輝かしい成績を残されていますね。

その後、萱さんは順天堂大学に進学。

2015年スコットランドのグラスゴーで開催

された世界体操競技選手権では日本代表の1人

として、団体競技金メダルに大きく貢献しています。

筋肉が凄い!

kazuma-kaya2kazuma-kaya3

体操選手の例に漏れず、萱さんも

筋肉が凄いですね!

習志野高校時代、平日4時間、休日6時間

毎日欠かさず練習していたそうです。

体操選手は自重であらゆる筋肉を使うので

自ずから彫刻刀のような美しい筋肉に鍛え

られるのですが、一方でデメリットがあります。

体操はスポーツの中でも運動量が激しく

間接や身体に対して常に衝撃を与えている

動きが多いため、身長が思うように伸びないと

いうことがあるそうです。

確かに、一流の体操選手は日本だけでなく

全体的に身長の低い方が多いですね。

体操選手の彫刻刀のような筋肉には憧れますが

一方で大きな負荷を身体に与え続けるのは

長期的にはよくないことなのかもしれません。

彼女はいるの?

萱さんのTwitterでこんな写真を見つけました。

彼女だ!と思ったら、

萱さんのお母さんでした。(笑)

ちょいちょいTwitterには萱さんのお母さんが

登場するのですが、本当に彼女かと思うほど

若くて綺麗な方です。

萱さんの年齢を考えると、お母さんはおそらく

40歳前後ですかね。

萱さんがとてもお母さん思いで親孝行してる

のが垣間みえます。

私の世代は、「マザコン」なんて言葉があり

母親とべったりするのは抵抗がありましたが、

今の20代の方たちは「ママっ子男子」といわれ

普通に母親と買い物に行ったり、デート?する

のも抵抗がないようですね。

でも、ママっ子男子って、彼女からみたら

どう写るんでしょうか?

話がそれましたが、

イケメンで実力もある萱さんのことなので、

彼女くらいいてもおかしくないと思いましたが、

結局、彼女の存在については確認ができませんでした

また、新たな情報が入ったら追記していきますね。

まとめ

今回は、東京五輪体操で金メダルも期待される

萱和磨選手に注目してきました。

今回の内容をまとめると、、

・萱選手は白井健三と同期の1996年生まれ!

・千葉県出身、学歴は幕張西中学→習志野高校→順天堂大学

・過酷な訓練による賜物である筋肉が凄い!

・彼女の存在は今のところ情報なし。

・綺麗なお母さんと仲が良い!

リオ五輪には惜しくも参加できませんでしたが、

その悔しさをバネに、得意の鞍馬を活かして

東京五輪では大活躍を期待しています。

それでは、今回も最後までお読みいただいて

ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク