伊藤一朗の妻や子供は?ギターやメタル時代の昔を調査! 

今回は、ELTのいっくんこと伊藤一朗さんに

ついて注目していきます。

伊藤さんは結婚された妻や子供についてや、

ギターの腕前や、メタルをやっていた昔

についてなど、気になる情報について詳しく

みていきましょう!

伊藤一朗さんのプロフィール

それではプロフィールからみていきましょう。

伊藤 一朗(いとう いちろう)

生年月日:1967年11月10日

年齢:49歳

出身地:神奈川県横須賀市

事務所:エイベックス・エンタテインメント

(出典:Wikipedia)

伊藤さんは最近バラエティ番組にもよく

出演されており、”いっくん”の愛称で

親しまれてますね。

最近は持ち前の天然キャラが面白くて

歌よりも目立ってきちゃっている感が

ありますが、なんといっても本業は

ギタリストで作曲家。

Every Little Thing(ELT)のメンバー

として数々のヒット曲を生み出しています。

ELTは当初、ボーカルの持田香織さんが

ソロ・デビューする予定だったそうですが、

松浦勝人さんという音楽プロデューサーの

勧めがきっかけで3人ユニットのデビューと

なりました。

ELTは1996年8月にCD「Feel My Heart」

でデビュー。

その後数々のヒット曲を生み出しますが、

何といっても最大のヒットはミリオンセー

ルス「Time goes by」ですわ。

ほんといい曲ですよね。

いっくんのことをよく知らない人でも

この曲のことを知っている人は多いので

はないでしょうか。

2003年3月からはキーボード担当の五十嵐

さんが脱退して、いっくんと持田香織さん

の2人ユニットとなってます。

それにしても、持田香織さんは20年前から

全然変わってない気がするんですが、まだ

39歳だったんですね。

メタル時代の昔は?

伊藤さんは神奈川県立初声高等学校(現・

三浦臨海高等学校)を卒業されてます。

高校時代から、「THE ACE」のギタリスト

としてライブハウスに出演されていたそうです。

ちなみに、このバンドは、かつてX JAPAN

のhideさんが在籍していた横須賀サーベル

タイガーの弟分バンドだったとのこと。

hideさん

実は、当時はヘビーメタル少年で、ド派手な

メイクや髪型で活動していたんだとか。

どんな感じだったんでしょうか?

当時の写真がこちら!

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/kunimetal1969/6906273.html

なるほどですね。

今のいっくんからは、とうてい想像が

つかない出で立ちです。

ギターの腕前は?

最近天然キャラばかりが注目されている

いっくんですが、本職のギターの腕前は

いかほどなのでしょうか?

実は、専門家の間で、ギタリストとして

かなり高く評価されているようです。

前述のようにX JAPANのhideさんが結成

したSAVER TIGERの弟分バンドという

かなりの実力派バンドのギタリストとして

名を馳せてました。

ハードロック出身のギタリストならでは

のチューニングで、ライブに来た人には

小さな音源でもパワフルに聞こえるように

工夫されているのだとか。

ちょっと素人には分かりづらい世界ですが

相当なギターの腕前の持ち主であることに

は違いないようです。

専門家を唸らせるいっくんのギターの音色

はコチラ!


なるほど、そのような視点でみると、いっくん

のギターってやっぱ凄い迫力ありますねぇ。

結婚した妻や子供は?

いっくんのプライベートはかなりベール

に包まれていますが、2011年12月24日

に18歳年下の一般OLの方とご結婚されてます。

翌年2012年には第一子となる長男も誕生。

いっくんはプライベートについては一切

公開してませんでしたが、『女性自身』

2013年10月29日発売号でスクープされ

ちゃってました。

残念ながら家族の写真など詳しい情報は

入手できませんでしたが、目撃者の証言

では、奥さんは170cm以上の長身で綺麗

な方のようです。

まとめ

今回は、ELTのギタリストで、いっくんの

愛称で親しまれている伊藤一郎さんについ

て書いてきました。

天然ほのぼのキャラとは裏腹に、ヘビメタ

出身で、ギターの腕前はかなり高い評価を

得ていることが分かりましたね。

バラエティでのいっくんも魅力的ですが

本職のギタリストとしての活動も引き続き

注目していきたいと思います。

今回も最後までお読みいただいて、本当に

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク