土江寛裕(桐生コーチ)の指導法や論文を調査!結婚した嫁は?

今回は、男子100メートルで日本人初の9秒台

(9秒98)を記録した桐生祥秀を指導している

土江寛裕コーチについて注目していきます。

理論派で知られる土江コーチの指導法につい

てや、論文も書かれているということなので

その内容についてや、

結婚した嫁さんのことなどプライベートにも

迫っていきたいと思います!

土江寛裕さんのプロフィール

最初にプロフィールからみていきましょう。

土江 寛裕(つちえ ひろやす)

生年月日:1974年6月14日

年齢:43歳

出身地:島根県平田市

身長/体重:171cm/65kg

(出典:Wikipedia)

土江コーチは、ご自身も元陸上競技選手で

オリンピックの出場経験もある方だったん

ですね。

1996年のアトランタ五輪では100mに出場。

2004年のアテネ五輪では400mRで4位。

国内選手権においても、

1998年、200m優勝

1999年、100m優勝

と活躍をされています。

自己ベストタイムは、

100m 10秒21(2004年)

200m 20秒86(2003年)

となかなか素晴らしい記録の保持者です。

優れた指導者であり、自身も優れた選手

だったわけですね。

学歴については、

出雲市立平田中学校

→島根県立出雲高等学校卒

→早稲田大学大学院博士課程修了

いやいや、これまた驚きました。

早稲田大学というだけでも凄いのに

大学院の博士課程まで修了されてます。

陸上選手時代は富士通に所属。

2006年に引退されますが、その後も指導者

として陸上競技に携われます。

一方で、日本女子体育大学、早稲田大学、

城西大学の非常勤講師を経て、2007年

からは城西大学助教授を歴任。

2014年東洋大学法学部准教授に就任し、同じ

年に入学した桐生祥秀選手への指導が始まり

ます。

指導法は?

さて、理論派で知られる土江コーチの指導

法はどのようなものなのでしょうか?

土江コーチは、2008年と2016年の五輪

でも日本代表に同行して、データの分析

や指導力に定評があります。

特に桐生選手とは何度も衝突し時には大喧嘩

もしたといいます。

そして、何より印象的なのは、桐生選手

が土江コーチのことを「怒ってくれる存在」

として感謝していたことですね。

土江コーチの練習メニューは自身の経験や

知識に基づいた理論の裏付けがあるはずです。

しかし、それに反発する桐生選手の感情に

流されること無く、時には本気で怒って

大喧嘩してでも大事なことを伝えてこられた

のでしょう。

桐生選手は東洋大学卒業後も土江コーチの

指導を受け続けることを決められたこと

からも、その絆の深さや信頼関係が分かりますね。

論文は?

土江コーチは2017年4月から東洋大学法学部

の教授にされており、これまでには数多くの

論文を書かれています。

ここにはとても書ききれないので、どんな

論文を書かれてきたのか、東洋大学の公式

サイトをご参照くださいませ。

論文だけでなく、こんな本を出されていますね。

結婚した嫁は?

最後に、土江コーチの結婚した嫁さんに

ついてなどプライベートにも迫っていきましょう。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/kogorou0529/2861918.html

土江コーチは2008年にご結婚されており、

お相手の嫁さんの名前は周子さん。

その後2人の娘さんに恵まれたようです。

まとめ

今回は、桐生選手を指導されていた土江寛裕

コーチにスポットをあててきましたが、いかが

でしたでしょうか。

桐生選手の実力や努力が素晴らしかったのは

もちろんですが、土江コーチの指導や支えが

日本人初の男子100m夢の9秒台達成に大きく

関わっていることが分かりました。

東京五輪での桐生選手はじめ日本代表が活躍

できるよう、今後も土江コーチの指導には

期待させていただきたいと思います。

今回も最後までお読みくださって、本当に

ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク