有栖川宮詐欺事件の手口とは?エスパー伊藤ら詐欺被害!犯人の現在は?

爆報!THE フライデー【あの人は今…騙された手口!大公開SP」にて、
あの「有栖川宮詐欺事件」で騙された芸能人が出演し、当時の詐欺現場の裏側を告白するそうです。

有栖川詐欺事件」って、知らない方も多いと思いますが、いったいどんな事件だったのでしょうか?

有栖川宮詐欺事件(ありすがわのみやさぎじけん)って?

arisugawanomiyasagijiken

出典元:http://blog.livedoor.jp/zenzo999/archives/2006-09.html

2003年4月元皇族の有栖川家継承者である有栖川識仁(さとひと)と詐称する男(当時41歳)と新婦である坂本晴美(当時44歳)がニセの結婚式披露宴を開き、388人の招待客から祝儀などをだまし取ったというものです。

2人は同年詐欺罪で逮捕され、恋愛関係・内縁関係・婚姻関係は存在しなかったと事実認定されました。

ちなみに、有栖川宮家(ありすがわのみやけ)は実在した皇族でしたが、1923年には断絶しています。
ちょっと調べれば偽証であることは明らかなのですが、当時一部の右翼団体が信用し、警察でさえ看過できない状況の中、ついには結婚披露宴開催にまでいたったわけです。

詐欺被害は、結婚祝儀金1200万円と額付き絵画1枚(時価合計1509万円相当)と言われています。

皇族と偽って結婚披露宴を開くなんて、かなり大胆な犯行ですね。
結婚式の準備や開催するにもお金は必要ですし、いずれバレるに決っているのに、1500万円のために人生を棒にふってまで強硬する必要があったのでしょうかね。

自称「有栖川 識仁(ありすがわ さとひと)」の正体は?

kitanoyasuyuki

出典元:http://soejima.to/boards/undefine/79.html

有栖川 識仁と名乗っていた男の名は、北野康行

1961年 京都府宇治市生まれ。

1984年頃から有栖川 識仁」と名乗るようになり、
高松宮信仁(たかまつのみや のぶひと)親王から有栖川家の祭祀継承を言い渡された
と周りに言っていたそうです。

1990年、政治団体「有栖川宮記念事業団」を設立。
北野氏は、複数の会社に出入りしては顧問料や、車代として金銭を受け取っていたと言われています。
2000年には「有栖川記念」に改称し、20歳年下女性と事実婚をするも、離婚しました。

新婦「坂本 晴美」とはどんな女性?

sakamotoharumi

出典元:http://koukoku-ya.com/alice/

北野氏の相手方の新婦の名は、坂本 晴美といいます。

1958年、熊本生まれで、北野氏の3つ年上ですね。
18歳の時には、ミス・インターナショナル熊本地区予選大会で準ミスに選ばれるなど美貌の持ち主です。

15歳の時から信心していた「エホバの証人」で知り合った信者と20歳で結婚。
子供もできるが、夫の借金や不倫が原因で離婚します。

その後、化粧品関係のMLMビジネスやTVレポーターなど行い、その中で
知り合った実業家と再婚。
しかし、ビジネスに失敗して借金を抱えたことをきっかけに上京し、銀座のホステスになるが
客と深い関係になってしまい、再び離婚となります。

北野康行と坂本晴美の出会い

01facility_lobby2012

出典元:http://www.westin-tokyo.co.jp/jp/gallery

2人の交際は、2002年8月、ウェスティンホテル東京でのパーティで出会ったことがきっかけといわれます。
北野が坂本に夢中になり、この時既に自分が詐称していることを告白していますが、坂本晴美の方が偽証を続けるよう迫ったとのこと。

そして、婚姻届を出すことなく強引に結婚披露宴に踏み切り、あの事件が起こったのでした。

調べれば調べるほど、北野氏の方は気が小さく乗り気でなかったが、どちらかというと坂本晴美の方が積極的にそそのかして踏み切った感がありますね。

結婚披露宴に招待された芸能人は?

結婚披露宴には約2000人に「有栖川記念奉祝晩餐会」と謳われた招待状が送られ、中には多くの芸能人も含まれていました。

参加したことが明らかになっているのは、タレントの石田純一さん、デーブ・スペクターさん、エスパー伊藤さんです。
他にも著名人が多数参加されていたといわれます。

エスパー伊藤さんの証言によると、披露宴の料理は安っぽく、引き出物はバウムクーヘンだったとのこと。また、解錠にはなぜかプロマイドを販売するグッズコーナーが開設され、夫妻との写真を撮るのに料金1万円がかかるという、商魂丸出しの披露宴だったそうです。

犯人のその後と現在は?

北野康行と坂本晴美の2人は最後まで無罪を主張していましたが、2004年2月に東京地裁で初公判が開かれ、2006年9月11日には、懲役2年2ヶ月(求刑:共に懲役3年)が言い渡されます。

実は、一方で 当時の披露宴参加者の多くは、皇室関係者ではないことを知りながら興味本位で参加していたとも言われ、裁判長は「詐欺は成立しない」とし、判決前に拘置されていたうちの700日は刑に参入されました。
結局、控訴はなかったため刑は確定しましたが、2006年12月には釈放されています。

2007年5月には、京都宇治市に政治団体「有栖川記念」(代表者:有栖川識仁、会計責任者:有栖川晴美)を改めて設立。

なんと雑誌「週刊ポスト」(小学館/2007年4月20号)には、北野康行と坂本晴美2人そろって登場し、仲良く暮らしていることをアピールしています。
坂本さんにいたっては、セミヌードも披露し、「今回、この撮影に臨んだのも、過去と訣別し、殿下と一緒に温かい家庭を築いていきたいから。怖いものなんてい、もうないんです」と語ったのだそうです。

何とも、全然反省の色が全くみえませんね。

最後に

爆報!THE フライデー【あの人は今…騙された手口!大公開SP」にて、再び有栖川宮詐欺事件で騙された芸能人が出演し、当時の詐欺現場の裏側を告白するそうです。

どんな新情報が飛び出すのか見逃せませんね。

今回は、日本の歴史に残る詐欺事件である「有栖川宮詐欺事件」について調べてみました。

今回も最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク