不安を取り除く具体的な手法

正月三が日の最終日はいかがお過ごしでしょうか。
明日から仕事という方も、中にはいらっしゃるかもしれませんね。

サラリーマンにとっては、長期休暇明けは憂鬱を感じることもあるでしょう。

特に、年初は気持ちも新たに「よっしゃ、今年もやるぞ!」という気持ちと
「2017年はどんな年になるのだろうか?」そんな漠然とした不安も共存したりします。

仕事始めにあたって、漠然とした「不安」を取り払うテクニックをご紹介します。
漠然とした「不安」を解消するのに、「クリアリング」という手法があります。

マッキンゼーの「エリートはノートに何を書いているのか」の著者で、
元マッキンゼーのコンサルタント大嶋 祥誉 さんの提唱するものです。

この手法は、たった2つのステップで終わります。

【ステップ1】

まずは、A4サイズの紙を用意します。
失敗したコピー用紙の裏紙とかで十分です。

今抱えている不安な感情を全て紙に書き出します。

自分に対する不満
会社への不満
誰かへの不満
怒りの文句

などなど、人に見せるものではないので
書きなぐりでかまいません。

ありのままの感情を言葉で表現するのが
ポイントです。

書き終えた紙は、破って捨てましょう。

これで一旦心がリセットされる効果があります。

【ステップ2】

ステップ1で心がスッキリしたら、次に
ノートを使って改めて整理します。

改めて気になっている「不安」を書き出し、
自分が相談を受けた気持ちになって解決策を書いていきます。

このとき、

なぜ不安に感じているのか?
→仮説を立てる。

だったらどうすればよいか?
→それぞれの仮説に対し、思いつく理由を全て書き出す。

これを繰り返すことで、自分なりの解決策を絞り出すことができます。

クリアリングをしても不安が解消されない場合

時間が解決する
実際は大したことにはならない
事故だから仕方ないさ

そんな風に割り切ることです。

なんだか頭がすっきりしない、モヤモヤした感じがする時、
とにかくノートに全てを書き出してみるといいです。

これは、ブレインダンプといわれる手法です。
不安とか恐怖というのは、はっきり分からない、漠然としているから
生じる感情でもあります。

逃げずに真っ向から見つめれば、以外にも、それは些細なことが
原因だったりするわけです。

ブレインダンプは、いってみれば脳内データの整理をする作業。
普段、「忙しいが口癖になってしまっている人も、
脳内データが整理できず、優先順位がバラバラで行動しているため
効率よく進められず、自ら「忙しい」状況を招いているケースが多いです。

最低でも1ヶ月に一度、月末などに、クリアリング、ブレインダンプを
実行してみることをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク