思わず「いいね!」したくなる記事のランキング

LINEの勢いが止まりませんが、Facebookの人気も根強いです。

なんといっても2012年にすでにユーザーが10億を超えているというのは驚異的です。
今は、日本国内だけでも約2,700万人、世界では18億人を超えているとも言われています。

18億って。。いったい、どういうことでしょうか。
実際は複数のアカウントを持っている人もいるのでしょうが、それでも、世界人口約70億として、4人に1人の割合ですよね。
これは、ネット上の1つの国家的存在と言っても過言ではありません。

ところで、Facebookといえば「いいね!」。
「いいね!」したくなるのはどんな投稿でしょうか?
逆に「いいね!」したくない投稿っていうのもありますよね。

そんなアンケートを実施したランキングをご紹介します。
まずは、「いいね!」したくなるランキング

1. 「こんなおもしろいもの見かけた」報告

2. チケットが当たった!など、当せん報告

3. 旅行先の絶景スポット写真

4. 出産報告

5. 目標達成報告

6. 結婚報告

7. 妻や夫、友人など他の人に感謝の気持ちを示す投稿

8. ほっこり人情話

9. 珍百景的なおもしろ写真(シェアではなくオリジナル写真)

10. おいしそうな食べ物の写真

それでは、
「いいね!」したくない投稿ランキングは?

1. よくわからないポエム(のようなもの)

2. 恋人とのデート自慢

3. 不幸な報告

4. 「おはよう!」だけの挨拶

5. 恋人ののろけ話

6. セレブアピール投稿

7. アツい人生論

8. Twitterと連動している、どう反応したらいいか困る投稿

9. 異性自慢状態の写真

10. 友人の自分撮り写真
(以上gooランキングより抜粋)

うーん、なるほどですね。
これらは、2013年の集計データですが、今でも変わらない感じですよね。

「おはよう」だけのあいさつや自慢話、自分撮り、あつい人生論など書いている人 けっこういますが、やはりNGなんですね。
興味を持ち、共感を得られるような面白い記事でないと「いいね」したくならないということです。

Facebookって文字だけより、やはり写真や動画を載せた記事がよくいいね!されてるイメージあります。
今は写真といえばInstagramですね。

個人的には美味しそうな食べ物の写真や、綺麗な風景、建物の写真などは見入ってしまい、いいね!したくなります。

いいね!の数を競っても仕方ないですが、やはりどうせ記事を投稿するなら、すこしでも多くの人に共感を得てもらいたいものです。
紹介したランキングを是非参考になさってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク