金持ち老後を迎えるための秘訣

先日テレビで興味深い内容がありました。

老後に貧乏にならないための秘策についてです。

老後から投資をすることもその一つとしてあげられてました。
私個人的には、老後から投資をするのはお薦めしません。

株式投資、不動産投資の専門家が老後からの投資を薦められていましたが、
そのリスクがあまり語られていませんでした。

老後から投資するリスク

投資というのは、プロでも100%は先が読めない世界です。
プラスになる可能性もあれば、大切な財産を失う可能性もあります。
つまり、確実性に欠ける方法なわけです。

ある程度若い頃から勉強をしていて、余剰金もある人がボケ防止のために始めるのはいいと思います。

しかし、今まで全く投資をしたことのない人が老後に生活資金を稼ぐために始めるのは
やめておいた方がよいかと思いますね。

セミナーも数多く開催されているといいますが、多くの場合金融業者の勧誘が主な目的であり、
悪徳業者につかまればケツの毛までむしりとられるだけです。

株式投資は確かに配当金や株主優待があるので、
始めるならもっと若い時に買って、長期投資で運用するべきですね。

もうひとつ不動産投資も人気の高い投資です。
しかし、これは番組でも指摘されていましたが、
固定資産税などの税金、退去時のリフォーム費もバカにならない出費です。

そして何より空室リスクは今後 増すばかり。
その中で優良物件をつかむには、相当な情報収集力、目利きが必要です。

建築のプロであり、不動産投資も実践し、
勉強している私でさえなかなかこれぞという物件にはめぐり逢えません。

しかし、確かに株式のように紙切れになることはないので、
しかるべき勉強して不動産を購入していけば確実にお金を生み出すしくみをつくれます。

まさに、かの大ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」でも紹介されていた不動産投資による
セミリタイア生活というのは、現実にあるわけです。

最もお薦めする投資

私が最もお薦めする投資があります。
それは、老後も働くのではなく、老後から投資をすることでもなく、
自分の脳みそに投資すること。

本を読んだり、セミナーに参加したり、お金を生み出すための知識を詰め込むことです。

それは、すぐにはお金にはならないかもしれませんが、
後々に、自分のスキルとなり、それがよい結果を生み出し、
経験として蓄積されます。
それが、世の中に「価値」として提供されるようになって、
お金を生み出すことができるわけです。

できるだけ若いうちから、このことに気づいてほしいです。
自己投資こそ金持ち老後を迎えるための最大の秘訣です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク