ビジネスの収益構造を理解しよう!

インターネットビジネスあるいはネットビジネスと一口に言っても、
新しい手法が次々と出現し、
何から始めてよいか分からないという初心者さんも多いと思います。

今日は少し別の観点からビジネスモデルを考えてみます。

ネットビジネスを、マネタイズポイント(収益の上げ方)で分類してみます。

ネット上で完結するビジネスモデルとして現在主流となっているのが、
次の5つですね。

1.ネットショップ販売
2.コンテンツ/サービス課金
3.マッチングサービス(紹介料)
4.広告収益
5.キャリア/ISP課金

各ビジネスモデルについて簡潔に説明します。

ネットショップ販売

文字通りネット上で商品を販売し、収益を得るモデルで、
最もポピュラーな形態です。

大きくは、Amazonや楽天などのプラットフォ-ムを利用して販売を行う形態と、
自社でネットショップを開設して独自販売する形態とがあります。

コンテンツ/サービス課金

LINEのスタンプやアプリなどコンテンツそのものに料金を支払う形態がコンテンツ課金。
ストレージサービスなどサービスの利用に対して料金を支払う形態が
サービス課金といいます。

コンテンツ・サービス課金いずれも、一定の領域までは無料で利用可能で、
それ以上の機能を利用したければ課金する方式をとることが多くみられます。

ファン形成までに時間がかかりますが、
課金ユーザーが増えれば安定した収益を得られるビジネスモデルといえます。

マッチングサービス(紹介料)

Web上で企業あるいは個人のマッチングを行い、
掲載側から報酬を得るビジネスモデルです。

商品売買成立時に手数料が生じるヤフオク、
メルカリなどのプラットフォーム、
ネット上で商品を紹介するアフィリエイトもビジネスモデルとしては、
このマッチングに該当します。

広告収益

ユーザーをウェブ上で集客し、
広告掲載を行うことで広告主から収益を得るビジネスモデル。

SNS、ブログ、ポータルサイト、メルマガなどネット上の様々な媒体で採用されています。
当然ながらアクセス数の多い影響力のある媒体ほど広告費を高く設定することができます。

キャリア/ISP課金

インターネット・プロバイダサービス、
モバイルWi-Fiサービス、携帯のキャリアなど、
既にインフラを持っている事業者が行っている課金サービスを指します。

個人で行うには新規参入のハードルが高いビジネスモデルです。

今巷では多くの情報やノウハウが出まわっていますが、
ビジネスモデルの観点で分類すると以上の5つのいずれか、
もしくは複数に該当しています。

一時的な儲け話に飛びつくのではなく、
マネタイズポイント(収益のしくみ)をしっかりと理解した上で、
自分がどのようなアプローチでビジネスを行うのか戦略を練っていくことをお奨めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク